探偵事務所の選び方 探偵事務所の価格 | 探偵事務所 ― 浮気調査

浮気調査 嫌がらせ調査 盗聴・盗撮調査 行方調査 − 低料金の探偵調査

探偵事務所パーソナルインテイク トップページ

トップページ > 探偵事務所の選び方 > 探偵事務所の価格

浮気調査など各種調査が低料金の探偵社

探偵事務所の選び方 探偵事務所の価格

探偵事務所の価格 − 探偵事務所の選び方


探偵社の価格

探偵社や興信所を比較してみると、調査料金が各々異なります。これはタクシー業界などとは異なりの料金に関する規制がない為で、各探偵社は独自に調査料金を設定しています。

では探偵社が料金を設定する際に、その料金にはどのような費用が含まれているのか、およそ次の費用がかかります。

  • 人件費 = 社員に支払う給料
  • 宣伝費 = 会社を宣伝する為に必要な費用(インターネットやタウンページなど)
  • 設備費 = 事務所の維持費、車両や機材とその消耗品など
  • 移動費 = 車両の燃料費や各交通機関の利用代金
  • 利益  = 会社を運営していく上で必要な費用

これら費用を考慮して価格設定を行うのですが、この中でもっとも調査料金に影響するのが宣伝費です。

最近では低価格のインターネット広告が高価格のタウンページの代わりを務めるようになり広告費は下がりつつありますが、それでもタウンページの効果はいまだ高く、多くの探偵社が掲載をしています。

広告において力を持つタウンーページなのですがその費用は莫大で、東京都の渋谷・新宿地区に1年間1ページ掲載するだけで600万円近く費用が掛かります。

1つの媒体に出稿する広告費としてはあまりに大きく、タウンページに掲載している業者はその分の費用を調査料金に上乗せすることになります。

タウンページへの掲載は1つのステータスと考えられがちですが、実は単に利用料金に上乗せさせられているだけという事もよくあり、利用者に対しての誠意をみじんも感じられない業者がいることも事実です。

また、探偵社によっては人件費を抑えて調査料金を安くする会社もあります。

これは特に値段の安さを強調している探偵社に見られます。このような探偵社の場合、調査員の能力に見合った給与が払われないケースが多く、人材の入れ替えが多く優秀な探偵が育たない事が多いといえます。

最悪のケースでは自社に調査員を置かず、時給制のアルバイト探偵や経験の浅い素人探偵などを使用していることもあり、その調査能力には大きな問題があります。

当社は必要以上に経費をかけずに調査料金を抑えるように努力しています。


探偵事務所パーソナルインテイクの場合

弊社の広告は費用対効果でもっとも優れたインターネットを中心として行っています。

人件費は優秀な探偵を確保するために他の探偵社と比べるとやや多く割いており、実力や能力に応じた給与を支払っております。また、調査員の質、つまり調査能力や士気は高いと自負しております。

運営経費に関しても事務所の大きさ社員数も必要以上に大きくしておりません。

探偵社の料金は高いとイメージされている方が多いと思いが、その料金は会社内の運営費用により変わってくるためでどこの会社も運営していくにあたり必要な金額を設定しています。

同じ調査を依頼しても会社によって料金が違ってくるのは、そういった理由があるのです。では探偵社を選ぶにあたってはどのようにすれば良いのか、その料金の高さで判断するよりも自分に対してどれだけ親身になってくれるかを考えた方が良いと言えます。

探偵事務所パーソナルインテイク お問い合わせ