情報漏洩 探偵が教えるこんな時どうする | 探偵事務所 ― 情報漏洩調査

情報漏洩調査 嫌がらせ調査 盗聴・盗撮調査 行方調査 − 低料金の探偵調査

探偵事務所パーソナルインテイク トップページ

トップページ > こんな時どうする > 情報漏洩

情報漏洩調査など各種調査が低料金の探偵社

探偵社が教えるこんな時どうする

情報漏洩 探偵社が教えるこんな時どうする

トラブルが発生すると人間は一瞬動作が止まり思考も停止してしまいます。
ここでは具体的なトラブルの例を挙げ、問題が起こった場合の対処方法についてご紹介致します。

社内が盗聴されている?

会社内が盗聴されている疑いが生じた場合に何をすべきか、まずは疑念が事実であるかを確認する必要があります。

盗聴器そのものを探すことは非常に難しいのですが、最近では大手量販店でも防犯グッズとして「盗聴電波チェッカー」と呼ばれる機械が売られています。

この「盗聴電波チェッカー」とは、盗聴でよく使われる周波数帯の不審な電波を検出する機械で数千円で気軽に購入できます。

いきなり探偵社に依頼をしてお金がかかるよりは、自分でできる予備調査としてはある程度は有効であるといえます。

ただ、この「盗聴電波チェッカー」は万能というわけではありません。

この機械は盗聴でよく使われる周波数帯の不審な電波を検出する機械であり、調べられる周波数帯は非常に狭く、それ以外の膨大な周波数帯はチェックすることができません。

犯人に盗聴についての心得があればこの程度のチェックは予想済みで対策を施してあり、盗聴器の発見は困難だといえます。

もし心配が収まらず、盗聴器が仕掛けられている危険がある場合は専門の探偵社にご依頼下さい。


社内が盗撮されている?

会社内が盗撮されている疑いが生じた場合に何をすべきか、まずは疑念が事実であるかを確認する必要があります。

盗撮カメラそのものを探すことは難しいのですが、盗撮カメラの特性や仕掛ける目的を考えれば自然と仕掛けられた場所は絞られてきます。

盗撮カメラを仕掛ける目的は主に「ワイセツ目的」であり、シャワー室やトイレの中や更衣室などに仕掛けられている可能性があります。その中でもシャワー室は湿度が高くレンズが曇りやすいため除外でき、有線で電気が供給しにくい場所も除外できます。

また上記の盗聴で紹介した「電波チェッカー」による不審電波の洗い出しもある程度は有効であるといえます。

ただ、盗撮犯の場合は盗聴犯と比べて技術的に優れた者が多く、仕掛けはより巧妙でより鮮明に映し出せるよう情熱を傾けています。

とくに有線の盗撮カメラが仕掛けた場合はとても厄介で、有線のため不審な電波を発することもなく、壁に開けたほんの米粒ほどの穴から室内の様子を半永久的に覗くことができるのです。

そうなれば素人が探し出すことはまず無理で、専門の探偵社による調査が必要になります。

探偵事務所パーソナルインテイク お問い合わせ