いじめ 探偵が教えるこんな時どうする | 探偵事務所 ― いじめ調査

いじめ調査 嫌がらせ調査 盗聴・盗撮調査 行方調査 − 低料金の探偵調査

探偵事務所パーソナルインテイク トップページ

トップページ > こんな時どうする > いじめ

いじめ調査など各種調査が低料金の探偵社

探偵社が教えるこんな時どうする

いじめのトラブル 探偵社が教えるこんな時どうする

トラブルが発生すると人間は一瞬動作が止まり思考も停止してしまいます。
ここでは具体的なトラブルの例を挙げ、問題が起こった場合の対処方法についてご紹介致します。

子供が怪我して帰宅した

子供に傷や怪我は付きものであり、転んで擦りむくなどは日常的に起こることだと言えます。しかし中には看過できない傷を負った子供の姿を見かけることもあります。

まずは子供から事情を聞くことから始めるべきですが、子供の性格によってはうまくコミュニケーションを取れないこともあります。

その傷が何によりできたかを見分けることは非常に難しいのですが、傷の場所や被害の状況などからある程度は推し量ることもできます。

子供をよく観察し、状況や性格などを総合的に判断した上で適切な対応をとりましょう。弊社では相談だけでも承りますのでお気軽にご連絡下さい。

また相談相手としては、毎日児童と接している学校の教諭や、子供の親友などから情報を引き出すことも重要です。


子供が使い道が不明瞭なお金を欲しがる

子供は欲しい物が際限無くあります。当然にお小遣いは常に欲しがるものですが、なかには脅されるなどしていじめ相手にお金を渡している場合があります。

お金の使い道は普段から明瞭にするよう躾けておけば不審なお金の動きを察知することもできますが、普通の家庭であればお小遣いは渡したきりで親はあまり感知しません。

ゲームソフトの購入など目に見える商品の購入に当てられていれば判りやすいのですが、最近では携帯コンテンツの購入やオンラインゲームのネット通貨など目に見えないお金のやり取りが大変に増えており、子供が何にお金を使っているか見えにくくなっています。

子供が恐喝などいじめの被害に遭っている場合、いじめ相手はお金を取るだけでなく暴行や物を取り上げるなどの行為も行います。お金のやり取りが見えにくい時は、暴行を受けたなど他のいじめの痕跡が残されているかを探ることで恐喝の有無を確認することができます。


子供が自室に引きこもり登校拒否している

子供の引きこもりは様々な原因で起こります。もっとも多いのは人間関係によるトラブルが原因の引きこもりで、登校を拒否しているのであれば学校でのいじめが考えられます。

引きこもりに至るまでの段階で子供の異変に気付けばよいのですが、一人で悩みを抱えてしまうタイプの子供は周囲にいじめを言い出すことができず隠し続け、最悪の状態になってから周囲がそのことに気がつくのです。

引きこもりになると「いじめの解決」よりも「精神的ケアー」を優先して行わなければなりません。

思春期の微妙な年頃に「精神論」は逆効果であり、家庭内の問題として家族で話し合うよりもカウンセラーなどの専門家を積極的に活用する方がより良い効果を得ることができます。

一度殻に閉じこもってしまった子供に対しては決して叱りつけるなどはせず、専門家との話し合いの中で子供を助け、立ち直りが見えてきてからいじめの解決を図りましょう。

探偵事務所パーソナルインテイク お問い合わせ