失踪・行方不明 探偵が教えるこんな時どうする | 探偵 ― 失踪行方調査

浮気調査 嫌がらせ調査 盗聴・盗撮調査 行方調査 − 低料金の探偵調査

探偵事務所パーソナルインテイク トップページ

トップページ > こんな時どうする > 失踪・行方不明

失踪・行方調査など各種調査が低料金の探偵社

探偵社が教えるこんな時どうする

人探し・行方不明 探偵社が教えるこんな時どうする

何かトラブルが発生すると人間は一瞬動作が止まり思考も停止してしまいます。
ここでは具体的なトラブルの例を挙げ、問題が起こった場合の対処方法についてご紹介致します。

子供が家出してしまった

最近の家出は非常に危険に満ちています。

家出は親の目から開放されるため、普段はおとなしい子供でも「ハメ」を外してしまいます。また世の中には子供の身近に様々な悪意に満ちた「遊び」や「誘惑」が氾濫しており、親の目から離れた子供はいつそれらに引っ掛るかわかりません。家出をした子供は一刻も早く見つけ出し危険から引き離さなければならないのです。

家出で子供が必要になるのは「寝場所」「資金」「食事」です。これらを提供してくれる者として最も有力なのは子供の友人であり、まずは友人関係から当たることになります。

しかし友人は有力な情報源ではあると同時に、子供の味方でもあります。子供の所在を尋ねても「知っていて知らぬふり」をすることも充分に考えられます。友人に直接話をするよりもその親に連絡をして情報を探る方がより精度の高い情報を引き出すことができます。

普段から子供の友人関係を把握し、相手の親とも交流を持っておけば情報収集がスムーズに行なえ、より早く子供を発見することができます。


同窓会の所在不明者

久方ぶりに行われる同窓会では所在が分からず呼ぶことができない人間が数名は出てきます。

生徒同士は連絡を取り合うこともよくありますが、先生の場合は連絡が途絶えているケースがほとんどで、所在どころか生死が不明な場合も多々あります。

先生の居場所を探す上でもっとも有力なのは当時就学していた学校に直接尋ねることなのですが、近年では個人情報の取り扱いについて厳しい規制を行っていることが多く、事情を説明しても断る学校も稀に存在します。

そのような場合には当時の学校の他の先生を当たることになります。先生の中には他校の理事を務めていたり教育委員会や民生委員などの公職についている場合もあり、探しやすい人間から情報を引き出して捜索の輪を徐々にしぼめていくことになります。


債務者が飛んだ

借金を踏み倒して逃亡した場合、その捜索は大変に困難になります。

債務者の賢さにもよりますが、多くの場合は痕跡を残さず過去の自分を捨てて逃亡するため、その追跡を断念せざるを得ないことになります。

探し出す為のポイントとしては家族・親戚・友人・恋人などがあげられ、まずはこの周辺から当たることになります。債務者との接触の可能性を考えて張り込みをおこない、接触後すぐに捕捉するか現住所まで尾行をすることになります。

探偵事務所パーソナルインテイク お問い合わせ