職場嫌がらせ調査のご依頼例 職場嫌がらせ調査 | 探偵事務所 ― 低料金

職場嫌がらせ調査 − 低料金の探偵調査

探偵事務所パーソナルインテイク トップページ

トップページ > 嫌がらせ調査 > 職場嫌がらせ調査 > 調査のご依頼例

嫌がらせ調査 職場嫌がらせ調査など各種調査が低料金の探偵社

職場嫌がらせ調査

職場嫌がらせ調査のご依頼例

>職場嫌がらせ調査のご依頼例

職場嫌がらせ調査 : 会社員 T・Wさんのケース

1 ご相談・ご依頼に至る経緯

T・Wさんは会社や上司からの様々な嫌がらせに疲れ果てていた。T・Wさんは長年仕事でたいした成績も残せず自ら「使えない男」と称しており、会社もそんなT・Wさんを必要とせず、辞めろと言わんばかりに露骨な嫌がらせをしてくる。最初は上司によるネチネチとした口撃から始まり、仕事も雑用しか与えられていなかった。会社に対して何もいうことができず、同僚からもすっかり見放されていたが孤軍奮闘それでも辞めずにがんばっていたという。しかし最近では精神的に疲れ、会社帰りにたまたま見かけた当社に相談をもちかけた。

2 この調査のポイント

会社は立ち入りが制限されているため調査員が入ることは難しく、証拠収集にあたっては依頼者であるT・Wさんの協力が必要となる。

3 ご提案した調査方法

会社に持ち込める所持品の中に情報機材を上手く仕込み嫌がらせの証拠を収集し、労働関係当局に通報すると共に弁護士とも協議することとした。

4 調査開始から終了まで

さっそく調査を開始する。調査は会社主体の違法性のある嫌がらせ行為の証拠収集を目標とした。社内には調査員が入ることは出来ないため、T・Wさんのカバンに改造を施し超小型カメラを仕込んで現場を撮影することになった。調査期間は3日間、カメラの録画時間をオーバーした部分はICレコーダーで補っており、違法性が高く証拠能力が高い証拠を収集することに成功した。

5 この調査に要した日数

当調査に要した日数は3日間となった。嫌がらせ行為が恒常的に行われていたこともあり調査は日数を掛けずに終了した。現在T・Wさんは弁護士と協議を行い、あらゆる方法で対処するという。

※この依頼例は関係者の承諾のうえ個別情報を伏せてあります。

職場嫌がらせ調査トップに戻る 職場嫌がらせ調査トップに戻る

探偵事務所パーソナルインテイク お問い合わせ