調査のポイント 家庭内トラブル調査 | 探偵事務所 ― 嫌がらせ 低料金

家庭内トラブル調査 − 低料金の探偵調査

探偵事務所パーソナルインテイク トップページ

トップページ > 嫌がらせ調査 > 家庭内トラブル調査 > 調査のポイント

嫌がらせ調査 家庭内トラブル調査など各種調査が低料金の探偵社

家庭内トラブル調査

家庭内トラブル調査のポイント

話し合いで家庭内トラブルを解消したい

嫌がらせ行為の証拠収集が成功し目的を達成することができたら一応の調査はそこで終わりますが、それですべて終わりというわけには行きません。

話し合いは問題解決への第一ステップです。

原因を双方で考察し改善に向けて双方が協力し合い前向きに進めば良いのですが、遺恨を持ち嫌がらせ行為が行われるような事態までになると、なかなか先が見えてきません。

当事者同士の話し合いで埒が明かない場合には第三者を交えた話し合いが有効で、夫婦間の問題であればその両親を、親族間の相続問題であれば法に明るい弁護士など、冷静で公正な助言が期待できる人物が望ましいといえます。。

依頼者様がご要望の場合には調査を担当いたしました弊社調査員が話し合いの席に同席させて頂きます。


離婚で家庭内トラブルを解消したい

配偶者の家庭内暴力(DV)などがあった場合、最後の手段である「離婚」の可能性がでてきます。

しかしこの決断をするまでには前述のとおり、様々な問題をクリアーしていかねばなりません。

  • 離婚後の生活をどうするか
  • 慰謝料の問題
  • 財産分与の問題
  • 婚姻費用分担の問題
  • 裁判費用の問題
  • 養育費の問題
  • 子供の親権の問題
  • 子供の姓と戸籍の問題
  • 親族の同意

特に金銭に関係した問題は深刻であり、離婚後にいきなり生活が不安定になる可能性があります。裁判を起こす際には、より判りやすいより確実な証拠が必要となり、裁判に勝つことを前提にしなければなりません。


裁判で家庭内トラブルを解消したい

裁判を起こすにあたっては、まずは裁判所が認める法的用件にかなった証拠を収集しなければなりません。

  • 5W1H(いつ、どこで、誰が、何を、〜された)を文章で記録しておく
  • 嫌がらせの画像や映像を記録しておく
  • 暴行を受けた場合は病院に行き診断書をもらい残しておく
  • 問題の元となった遺書や公正証書などは早期に安全な場所に移す
  • 物品を壊された場合は状況を撮影し物も残しておく
  • 相手と話し合いをした場合はそれを証明するものを保存しておく。
    ※相談したときの会話を録音しておく
    ※第三者に立ち会ってもらう

被害の度合いが高く早期解決を望まれる問題に関しては、裁判で損害賠償請求や事実関係の認定を受けることになります。

家庭内トラブル調査トップに戻る 家庭内トラブル調査トップに戻る

探偵事務所パーソナルインテイク お問い合わせ