調査のポイント 学校トラブル調査 | 探偵事務所 ― 虐待 差別 いじめ 低料金

虐待 差別 いじめ − 低料金の探偵調査

探偵事務所パーソナルインテイク トップページ

トップページ > 嫌がらせ調査 > 学校トラブル調査 > 調査のポイント

学校での虐待 差別 いじめなど各種調査が低料金の探偵社

学校トラブル

学校トラブル調査のポイント

学校トラブル調査のポイント

成長過程にあるお子様のトラブルは早く取り除いてあげなければなりません。

小学生にもなれば早ければ中学年から多感な時期に入るお子様もおり、繊細な心に一生残ってしまうような大きな傷が付くことになります。

早期に行動することは調査の成功率を上げることはもちろん、お子様のその後の影響を考えれば当然のことだといえます。

しかし自分がトラブルに遭っている事を自ら声を上げるお子様は少なく、特にいじめを受けている場合は恥ずかしさから周囲に相談するどころか隠そうとするケースもあります。

お子様は学校で過ごす時間は非常に長く、毎日登校しなければならないため逃げ場がありません。ひとたび誰かに相談しようものなら「告げ口」と罵られ、更なるトラブルに発展しかねません。

お子様が話さないのであれば、トラブルを保護者側から感じ取り問いかけなければなりません。

普段のなにげない動作、言葉、態度などからお子様のおかれる現状を察し、常にアンテナは広げておかねばならず、その事でトラブルを早期に解決することができます。


証拠を収集する

証拠はあればあるほどその後の展開が有利になります。

被害の様子を詳細に描いた日記などがあれば、そこから加害行為のパターンを読み取れ的を絞った調査を行うことができ、費用の面でもコンパクトにまとめることができます。

また調査期間中に得られた証拠以外にも以前からの証拠がそろえば、継続した嫌がらせが発生していたことの証明になります。

学校トラブル調査トップに戻る 学校トラブル調査トップに戻る

探偵事務所パーソナルインテイク お問い合わせ