浮気の証拠 浮気調査 不倫調査 | 探偵事務所 ― 低料金

浮気調査 不倫調査 − 低料金の探偵調査

探偵事務所パーソナルインテイク トップページ

トップページ > 一般調査 > 浮気調査 > 浮気の証拠

浮気調査 不倫調査など各種調査が低料金の探偵社

浮気調査 不倫調査

浮気の証拠 − 浮気調査とは

浮気の証拠とは

不貞行為の立証

配偶者の浮気・不倫を元に離婚や損害賠償請求を行う場合、ある一定の要件を満たす証拠が必要となります。法的には「浮気・不倫」などの言葉は使われず、「不貞行為」と表現します。

不貞行為の立証には 「配偶者の性交の存在を確認できる、もしくは推認できる証拠」さらにそれが「継続的である」必要があります。一番強力な証拠は「配偶者と愛人が複数回ラブホテルを利用している映像」で、その現場さえ押える事ができればこの証拠単体のみで相手の不貞行為を立証することができます。

その他証拠となりえるもの
配偶者と不倫相手の手紙
不倫相手との手紙の内容だけでは、直接的な証拠にはなりません。それは「配偶者の性交の存在を確認できる、もしくは推認できる証拠」としてはあまりに根拠が薄いためです。「愛している」「またHしようね」といった文章があったとしても「冗談だ」「擬似恋愛だ」と言われてしまえばそれ以上は追求できないのです。ただし、この証拠に加えて他の証拠がいくつも重なれば不貞行為とまでは行かなくとも浮気の証拠にはなると思われます。必ず保存しておきましょう。

配偶者と不倫相手のメール
メールに関してもやはり手紙と同様に根拠が薄いと判断されます。またメールの場合は手紙のように筆跡や指紋が残らないため偽造されている可能性もあり、最近では誰から送られたかも偽造できるようになっています。その為メールに関しても手紙同様の証拠能力があるに過ぎませんがその存在があるのであれば残しておくべきです。

配偶者と不倫相手の密会の写真
配偶者が隠し持っていた不倫相手との密会の写真は直接的な証拠にはなりません。やはり不貞行為を立証するうえで一番大切なのは「性交を確認・推察できる証拠」であり、密会の写真だけでは交際だけだとみなされてしまい不貞行為を立証することは難しいです。しかし、この証拠も他の証拠とあわせて利用すれば相手の言い逃れなどを封じる効果は期待できますし、調停や裁判でもめたときの証拠の一部となりますので残しておくにこしたことはありません。

配偶者と不倫相手の目撃情報
友人などが不倫現場を目撃した場合は証拠となるか微妙な判断となります。ただ単にデートしているだけなら証拠にはなりませんが、ホテルに入る姿を目撃した場合は状況次第では有力な証拠となりえます。しかしそれには細かな確認が必要となるため、また、ご友人をも巻き込むこととなる為それを利用するには慎重な判断が必要となります。

愛人宅へ入った
愛人宅へ入っただけでは証拠能力は低いですが入って数時間滞在した、それを何度も繰り返しているとなると証拠能力が発生してきます。さらにそのたびに宿泊しているとなると性交の存在を推察できる証拠とも取れるようになりますが、やはりホテルでの宿泊と比べると不貞行為の立証力は劣るといえます。しかし、この証拠に加えて外でのデートの状況、抱擁や接吻などの証拠を押さえることができれば十分に不貞行為の存在を立証する証拠となりえます。

浮気調査トップに戻る 浮気調査トップに戻る

探偵事務所パーソナルインテイク お問い合わせ