浮気調査ご依頼例 浮気調査 不倫調査 | 探偵事務所 ― 低料金

浮気調査 不倫調査 − 低料金の探偵調査

探偵事務所パーソナルインテイク トップページ

トップページ > 一般調査 > 浮気調査 > 浮気調査ご依頼例

浮気調査 不倫調査など各種調査が低料金の探偵社

浮気調査 不倫調査

浮気調査ご依頼例

浮気調査のご依頼例

浮気調査 : ご依頼者様 妻の母 高橋 弥生様(仮名)のケース

1 ご相談・ご依頼に至る経緯

東京都港区に在住の主婦畑中さんは夫が家に寄り付かず困り果てていた。週に2.3回ほどしか帰宅せず浮気が疑われる。帰ってきてもすぐ喧嘩になり暴力を振るわれ離婚を考えていたが、子供のことを考えて踏み込めずにいた。ある時いつもどおり喧嘩をしていたら逆上した夫がオーディオ機器を畑中さんに投げつけて大きなアザができてしまった。畑中さんの母はこの事件に激しい怒りと憎しみを感じ、躊躇する娘の手を引っ張り当社に浮気調査を依頼した。

2 この調査のポイント

今回の事例では家庭内暴力と不貞行為の事実を証拠として抑えることが重要だが、家庭内暴力については妻の日記・医師の診断書等の有力な証拠をすでに押えていたため、調査は浮気・不倫のみに絞ることとなる。

3 ご提案した調査方法

これらの点を考慮に入れ、弊社は高橋さん畑中さんに調査方法・日数等を提案した。調査方法としては夫が帰宅するのは週明けの月曜・火曜日という生活パターンがあるため、それ以外の曜日をピックアップして、退社時間から翌朝の出勤までを2日間調査することとした。

4 調査開始から終了まで

早速、夫の調査を開始しする。夫は会社までを自動車で通勤しているため、自動車での尾行を準備する。夜19時過ぎ、夫は所有の高級外車に乗り会社の駐車場から出てきた。夫は意外にも自宅方向に車を走らせるが途中ですぐに止まりレストランに入店する、食事かと思いきやテイクアウトの料理と思われる荷物を持ち5分ほどで店を出た。再び車に乗り込んだ夫は10分ほど車を走らせ、とあるマンションに入っていった。双眼鏡で確認すると表札には女性のフルネームが記載されていた。そのまま動きはなく朝を迎える。朝8時、夫は会社に出勤する為そのマンションを出た。そのまま張り込みを続けると午前11時を過ぎたあたりでその部屋から女性が出てきて買い物に出かけた。翌日の調査でも同じ光景が見られ、女性は夫の親族等ではないことも確認でき、不貞行為がある事がほぼ間違いないと判った。

5 この調査に要した日数

当調査に要した日数は2日間になった。夫のは週のほとんどを浮気相手と過ごしており、不貞行為の証拠を収集する事は比較的容易だったため短期間で調査が終了した。

※この依頼例は関係者の承諾のうえ個別情報を伏せてあります。

浮気調査トップに戻る 浮気調査トップに戻る

探偵事務所パーソナルインテイク お問い合わせ