浮気調査の目的を持っている 浮気調査 不倫調査 | 探偵事務所 ― 低料金

浮気調査 不倫調査 − 低料金の探偵調査

探偵事務所パーソナルインテイク トップページ

トップページ > 一般調査 > 浮気調査 > 浮気調査の目的を持っている

浮気調査 不倫調査など各種調査が低料金の探偵社

浮気調査 不倫調査

浮気調査の目的を持っている − 浮気調査のポイント

浮気調査の目的を持っている

浮気調査の目的の設定

浮気調査の目的により調査方法や期間に違いが出るため、あらかじめ目的を設定しておくことは非常に重要となります。

調査の目的はご依頼者様により異なり、およそ次のような目的に分類されます。

  • 浮気をしているかどうか確認のみしたい場合
    (浮気の事実を示す写真など数枚で良い)
  • 証拠を押さえ不貞事実による離婚をする場合
    (不貞事実※1を示す写真などが必要)
  • 浮気相手に慰謝料を請求する場合
    (不貞事実を押さえた上で浮気相手に関する情報も調査が必要)

目的を設定せず探偵事務所に依頼した場合、後から追加調査が必要になり驚くような金額を請求されてしまうため、他社への依頼の際には注意が必要です。

しかしながら、あらかじめ目的を設定しても心が変わることもよくあることで、また事実が見えてくることで目的が変わることもよくあります。

そのような場合にも対応できるよう、当社ではご相談時に不貞事実の証拠撮りと相手に関する情報調査まで行なうことをお勧め致します。

よくある失敗のケースとして、浮気相手の調査を行わないまま配偶者に証拠を突きつけ、配偶者が浮気相手をかばい身元を明かさず、浮気相手も雲隠れして誰だか判らなくなることがあります。

浮気の事実を突きつけた後では対象者・浮気相手の双方が警戒をしており、追加の調査で得られることは少なくなる可能性が高いのです。

身元がわからなければ損害賠償を請求することもできず、浮気相手の身元情報は浮気調査と平行して調べる必要があります。

※1「不貞事実」とは・・・性行為の存在の確認又は、その行為を推認できる事実のことを指します。具体的には対象者と浮気相手が一緒にラブホテルに出入りしている映像や写真などが当てはまります。

浮気調査トップに戻る 浮気調査トップに戻る

探偵事務所パーソナルインテイク お問い合わせ