調査中の感情のコントロール 浮気調査 不倫調査 | 探偵事務所 ― 低料金

浮気調査 不倫調査 − 低料金の探偵調査

探偵事務所パーソナルインテイク トップページ

トップページ > 一般調査 > 浮気調査 > 調査中の感情のコントロール

浮気調査 不倫調査など各種調査が低料金の探偵社

浮気調査 不倫調査

調査中の感情のコントロール − 浮気調査のポイント

依頼中の感情のコントロール

調査終了まで平静を保つ

浮気調査ではご依頼者様に多大な精神的重圧が掛かります。つらい状態のままでしばらくいることは大変に厳しいものですが、浮気調査終了までは感情を抑えることがどうしても必要になります。

調査が失敗に終わる原因の中に「依頼者様の態度により相手に調査を察知される」という理由があります。過去に次のような事例が実際にありました。

  • 調査日を絞る為に相手に行動予定などを不用意に事細かく質問した。
  • 調査中にも関わらず今どこにいるのか気になり相手に何度も連絡した。
  • 調査中にも関わらず浮気相手とコンタクトを取り警戒された。
  • 不用意な質問を繰り返し、相手は警戒し浮気を控えてしまった。

これらの事柄は調査を不可能にするだけでなく、離婚や慰謝料請求が絡んだ場合にはその後の人生にまで影響することもあります。

調査の際にご依頼者様にお願いしているのは「いつもと変わらないでいること」という点です。耐え難い苦痛を我慢していることは十分に理解しておりますが、不貞事実を押さえ、相手や浮気相手に反撃に転ずるためにも調査中は忍耐が必要なのです。

私達は痛みを共有することはできませんが、お話を聞き、そして何をすれば良いのかよく知っております。いつでもお気軽にご連絡ください。

調査終了後も冷静な行動を

調査が終了し不貞行為の事実を押えても冷静な行動をとることが求められます。

感情に流されると逆にこちらが不利な立場に立たされることも多々あり、取得した不貞事実はあくまで法令で定められた制裁を与える為にご利用ください。

調査終了後も弊社ではご相談をお受けいたしますので、いつでもお気軽にご連絡ください。

浮気調査トップに戻る 浮気調査トップに戻る

探偵事務所パーソナルインテイク お問い合わせ