児童虐待防止のポイント 児童虐待調査 | 探偵事務所 ― 児童虐待 低料金

児童虐待調査 − 低料金の探偵調査

探偵事務所パーソナルインテイク トップページ

トップページ > 犯罪対策調査 > 児童虐待調査 > 児童虐待防止のポイント

児童虐待調査など各種調査が低料金の探偵社

児童虐待調査

児童虐待防止のポイント

児童虐待は調査以前に発生を防ぐ事が重要であり、その為のポイントをご紹介します。

近隣の子供や家庭とコミュニケーションをとる

近年では子供が被害者になる犯罪が増加し、親が子に「知らない人とは話すな」と教育している事もあるため、地域の子供と接触する事をためらう大人が増えてきました。コミュニケーションをとろうとしても相手が身構えて妙な嫌疑を掛けられるくらいなら無関心を決め込んでしまう、大人の自己防衛の術としては理解はできますが、子供を守ろうとする見地から考えれば大人の無関心は困った事だと言えます。

虐待を受けている子供の多くは虐待を受けている事を自分から言い出すことができません。周りの大人が積極的に声を掛けてコミュニケーションをとり、虐待を察知することで子供を守ることができるのです。

では、怪しまれることなく普段から子供とコミュニケーションをとるにはどうすれば良いか、それは町会・ボランティア・サークルなどの「地域活動」に参加することで解消できます。地域に知られる存在になることで親も子供も安心してコミュニケーションをとることができ、そこで様々な情報を引き出す事し虐待防止に繋げる事ができます。


近隣の子供や家庭や観察する

特に都市部においては核家族化や一人暮らしの増加などで、隣に誰が住んでいるかすら知らないような状況が起きています。これもやはり子供を守る見地からいえば危険な状況であると言えますが、だからと言って相手を注意して観察するのも気が引けてしまいます。

しかし虐待があった場合にはその痕跡があちらこちらに現れて表面化しているものなので、少しの観察ですぐに見つけ出す事が可能です。

  • あそこの子供は夜になってもそとで一人で遊んでいる
  • あそこの家はよく喧嘩をしている
  • あそこの子供は見るたびにどこか怪我をしている
  • あそこの家は掃除をしないのかいつも汚いし子供の服も汚れている
  • あそこの家はいつも子供の泣き声が聞こえる

地域に呼びかける

最近では子供の防犯対策として地域の町会が学校の登下校を監視したり、夕方や夜に見回りを行うなどの活動が行われています。このような地域の防犯活動の中に、児童虐待に対する監視も対象に入れるとかなりの効果が期待できます。

町会内の複数の人間の目で観察するため、あらゆる場所あらゆる時間で監視ができ、情報収集も容易になります。「監視社会だ」「周りの目が気になってしょうがない」などと反論される方もよくいますが、幼い子供を苦しみから救い、命の危険から守れることができるのであれば、容認できる範囲の窮屈さだと言えます。


親に虐待とは何かをよく理解してもらう

児童虐待を防止するうえで最も大切なことは、親に児童虐待とは何かを知ってもらう事です。日常生活で子供にしつけをするのは当然の事なのですが、しつけのつもりで与えていた罰が実は虐待に該当してしまう事がよくあります。

どこまでが子供に悪い影響が残らないしつけの範囲なのか、境界をきちんと把握したうえで正しいしつけを行う事が望まれます。

児童虐待調査トップに戻る 児童虐待調査トップに戻る

探偵事務所パーソナルインテイク お問い合わせ