いじめ調査のポイント いじめ調査 | 探偵事務所 ― いじめ 低料金

いじめ調査 − 低料金の探偵調査

探偵事務所パーソナルインテイク トップページ

トップページ > 犯罪対策調査 > いじめ調査 > いじめ調査のポイント

いじめ調査など各種調査が低料金の探偵社

いじめ調査

いじめ調査のポイント

いじめ発覚から調査までの時間

いじめへの対応は時間との戦いになります。

いじめを受けている子供は心に大きな傷を負っています。周囲が気づいた時期によっては子供がすでに限界を向かえている場合もあり、いじめへの対応は早急に行わなければなりません。

また調査が開始された後も子供の不安を早く取り除き、一刻も早く日常生活に戻れるよう迅速に調べを進めなければなりません。

スムーズに調査を進めるのには「親子のコミュニケーション」が非常に重要になります。特に子供に内緒で行う秘匿調査の場合には、何気ない会話の中から重要な情報を聞きだすことになるため、普段から子供と密なコミュニケーションをとり相互に信頼関係を築かなければなりません。


学校への連絡は調査の後

いじめが発覚した場合、多くの方は真っ先に学校の担任へ相談するのですが、最近ではそれにより複雑な問題へ発展したケースがあります。

学校としてみれば「いじめ」は認めがたい存在です。口では全力を尽くすと言っても、心の中では揉み消す方法を考えています。

いじめが発覚すれば担任のマイナス点になるだけでなく、その上司や学校そのものにも傷がつきます。しかも学校内は他校の教員とは横のつながりがない完全な縦社会であり、自浄作用が余り期待ができないのです。ゆえに学校関係者への相談は入念に準備を重ね、慎重に行わなければならないのです。

まずすべきことはいじめの証拠を確実に押えることです。これに関してはこちら側に立証責任があるため、子供の証言だけでなく音声や画像などで「誰が見ても判る証拠」を押える必要があります。

いじめ調査トップに戻る いじめ調査トップに戻る

探偵事務所パーソナルインテイク お問い合わせ