ストーカー調査のご依頼例 ストーカー調査 | 探偵事務所 ― ストーカー

ストーカー調査 − 低料金の探偵調査

探偵事務所パーソナルインテイク トップページ

トップページ > 犯罪対策調査 > ストーカー調査 > ストーカー調査のご依頼例

ストーカー調査など各種調査が低料金の探偵社

ストーカー調査

ストーカー調査のご依頼例

ストーカー調査のご依頼例

ストーカー調査 : 会社員M・Sさんのケース

1 ご相談・ご依頼に至る経緯

M・Sさんは最近会社からの帰り道にいつも誰かに後を付けられている感じがして気持ち悪かった。ある日から自宅マンションの玄関の前に手紙が置かれるようになり、それが毎日続くようになった。手紙の内容は「いってらっしゃい。きのうは帰りの電車で座れてよかったね。」「こないだ見に行った映画はいまいちだったね、・・・・・の映画は最高だったよ。」「なんか最近元気が無いみたい、ぼくが寄り添ってあげようか。」などと、M・Sさんに近い人間が明らかなストーカー行為を行っていた。M・Sさんは外に出るのも怖くなり、当社にストーカー調査を依頼した。

2 この調査のポイント

ストーカーは身近な人間による犯行が多いが、この件で依頼者は覚えがないという。まずは犯人を炙り出すことから始めることになる。

3 ご提案した調査方法

M・Sさんの通勤を調査員が同行調査し、平行して手紙の置かれる場所に許可を得て監視カメラを設置することとなった。

4 調査開始から終了まで

さっそく調査を開始したところ、M・Sさんの3日間の通勤同行調査では他に尾行している相手が認められなかった。手紙の置かれる場所がいつもM・Sさん宅前と決まっているため許可を得て監視カメラを設置する。3日間のカメラ設置中に2回も手紙を届けていたのでさっそく映像解析にあたった。映像が鮮明な箇所から写真を起こし、M・Sさんに確認を取ったところ近くに住む会社の同僚が犯人だった。M・Sさんは今後の仕事の影響を考えて警察や会社には連絡せず、誓約書を取ることで終結した。

5 この調査に要した日数

当調査に要した日数は3日間となった。
犯人はほぼ毎日何かしらの行動をしていたため、短い期間で調査を終えることができた。

※この依頼例は関係者の承諾のうえ個別情報を伏せてあります。

ストーカー調査トップに戻る ストーカ調査トップに戻る

探偵事務所パーソナルインテイク お問い合わせ