ストーカー調査の注意点 ストーカー調査 | 探偵事務所 ― ストーカー 低料金

ストーカー調査 − 低料金の探偵調査

探偵事務所パーソナルインテイク トップページ

トップページ > 犯罪対策調査 > ストーカー調査 > ストーカー調査の注意点

ストーカー調査など各種調査が低料金の探偵社

ストーカー調査

ストーカー調査の注意点

加害者と接触しない

警察庁の統計では顔見知りや恋人がストーカーに変化するケースが多く、自分に近い人間がストーカー行為をしていた場合に、多くの方は直接相手と会話して解決を試みようとします。

日常のトラブルであればそれにより解決することもありますが、ストーカーに関しては注意しても効果はありません。

そもそもの原因は加害者の人格にあり歪んだ愛情表現にあります。犯人の心の内を外部からは簡単に操作できるわけもなく、話をする程度で問題が解決することはないのです。

むしろ加害者は自分が追い回していた異性と接触できる機会ができ、それにより気持ちがさらに向上し、こちらが話したこととは無関係にますますストーカー行為の度合いを深めることがあります。

とはいえ警察の介入がない場合には加害者と話し合いを行い被害を止めさせなければなりません。その際には探偵や弁護士などの専門家の同席や代理が必要となります。

友人やご家族を話し合いへの同席をお願いする手もありますが、相手は何を考えているかわからないストーカーです。話に逆上して暴れたり周囲の人間に対しても嫌がらせをしようと企図するケースも実際にありました。友人やご家族を危険な目にさらすことはあってはいけない事であり、話し合いへの参加はお勧めできません。

接触に当たってはできれば警察に相談し、それ以外ではストーカーに関する知識が豊富な専門家の同行が重要になります。

ストーカー調査トップに戻る ストーカ調査トップに戻る

探偵事務所パーソナルインテイク お問い合わせ