いじめの防御 お役立ち情報 | 探偵事務所 ― いじめ調査 低料金

いじめ調査 嫌がらせ調査 盗聴・盗撮調査 行方調査 − 低料金の探偵調査

探偵事務所パーソナルインテイク トップページ

トップページ > お役立ち情報 > いじめ情報 > いじめの防御

いじめ調査など各種調査が低料金の探偵社

お役立ち情報

いじめの防御 - お役立ち情報

いじめの防御

悪口や噂話を言われたら

相手に何も言い返さなければ、その悪口や噂話をあなたが認めたと相手は解釈するので必ず相手に反論するようにしましょう。その際に重要なのは過剰な反応はしないという事です。過剰な反応は相手を喜ばせるだけなので、冷静に的確にこちらの言い分のみを伝えましょう。

金銭を要求されたら

金銭はどんな脅しを掛けられても出してはいけません。
例え100円でも一度出したら最後、長期に渡り搾り取られることになります。金額もどんどん釣り上がり止めることは許されないでしょう。「金は無い」「渡す気は無い」など冷静にきっぱり断ることでその後の被害の拡大を防ぐことができます。

呼び出しを受けたら

呼び出しを受けても決して行ってはいけません。嘘でもいいので適当な理由をつけて断りましょう。万が一、無理に連れて行かれそうになったらすぐに逃げてその場から逃げてください。後で来なかったことを責められるかもしれませんが、あらかじめ理由をつけて断っているので言われる筋合いはありません。

暴行を受けそうになったら

暴行を受けそうになったら大声をあげましょう。
「やめろ!」「ふざけるな!」「何考えているんだ!」これは相手に対しての言葉ではなく周囲に知らせるための大声なのです。いじめる側は周囲の特に大人に知られる事を避けたいと考えています。そこで大声を出されると一瞬ひるむので、その場限りの対処として有効です。ただし、誰もいない場所で囲まれたときは大声を出しても意味がないので、そういった場合は全速力で逃げましょう。

無視をされたら

無視をされたら、無視をしない友人とまるで何事も起こっていないかのように会話をしましょう。無視する側はあなたの孤独で寂しい様子を見るのが目的で無視しているのに、まるで意に返さない様子を見ると自分の無視が意味無いことだと悟ります。ただしその際にもいつもよりわざとテンションをあげるなどのオーバーアクションをすると、相手は無視が効いていると感じるので、いつも通りの態度やテンションでいましょう。

物を隠されたら

自分のものを隠されたらまずは心当たりを探します。間違いなく隠されたとわかったらリアクションはせず、冷静に先生に物が無くなったことを告げます。後は何事も無かったように過ごせばいいのです。隠す側は困らせようとして物を隠したのに、まったく困らない様子は見ていても楽しくありません。次から隠しても意味が無い事を悟るでしょう。

違法な事を強要されたら

「タバコを吸え」「万引きをしろ」「あいつを殴れ」など違法な行為を強要することがあります。しかしこの場合、間違っても相手に従ってはいけません。違法行為をしたという事実は弱みとなるため、その後、弱みをネタに様々な要求をされる事になります。要求された場合は違法性がある事を理由にしっかりと断りましょう。


いじめ対策を目的とした話し合い

弊社ではお子様へのいじめ対策を目的とした話し合いを業務の一環として行っております。

話し合いでは「被害状況の聞き取り」「本人の意思・何をしたいか等の聞き取り」「いじめ回避の実技」「転校などを含めた他の方法の模索」の4点を中心にお子様とコミュニケーションを取ります。

学校の教師や親御さんには話しにくい内容も、いじめに詳しい第三者としてお話をお聞きし、お子様の負担を軽減させる方法を模索いたします。

いじめ対策を目的とした話し合いの詳細に関しましては弊社までお問い合わせ下さい。

探偵事務所パーソナルインテイク お問い合わせ