いじめの現状 お役立ち情報 | 探偵事務所 ― いじめ調査 低料金

いじめ調査 嫌がらせ調査 盗聴・盗撮調査 行方調査 − 低料金の探偵調査

探偵事務所パーソナルインテイク トップページ

トップページ > お役立ち情報 > いじめ情報 > いじめの現状

いじめ調査など各種調査が低料金の探偵社

お役立ち情報

いじめの現状 - お役立ち情報

いじめの現状

増加するいじめの現状

平成17年に全国の学校で確認されたいじめは38,119件にのぼると文部科学省から発表がありました。しかしこれはあくまで学校により「確認」された数であり、「未確認」のいじめを合わせると膨大な数に上ると考えられています。いじめは大人が気付かない水面下で行われるものなので、見つけ出すことは非常に難しいのです。

また、学校や教育委員会はいじめの事実を隠す傾向があり、保護者がまったく知らないうちにクラス中でいじめが進行し、自殺者がでたり学級崩壊に追い込まれた事例もあります。

いじめは学校でばかり起こるものとは限りません。
職場や地域コミュニティなど、いたる所で発生しており大きな社会問題となっています。職場でのいじめは、会社ぐるみの組織的ないじめを行う場合があり、その狙いはリストラを目標とした陽動作戦であることがよくあります。地域コミュニティではご近所トラブルなどがあり、ゴミを投げ込まれたり郵便物を捨てられるなどのいじめが行われるケースもあります。


いじめの対応が遅れると

いじめは対応が遅れるとその後の人生に大きな影響を残してしまいます。

特に子供の頃いじめにより受けた心の傷は想像以上に酷く、時間が経つにつれ徐々に傷口大きくなり、直接はいじめに起因しない二次的な障害が生じることがあります。また、成人が受けるいじめは度が過ぎたものが多く、会社を辞めてその後に引き篭もりやニートになる事例もよくあります。

  • 自殺
  • 不登校
  • 非行
  • 保健室登校
  • いじめた相手に対する報復
  • 中退
  • 保護者によるいじめた相手に対する報復
  • 引きこもり
  • 強要されて起こした刑事事件の訴追
  • ニート
  • 家庭内暴力
  • 被害者の無気力化
  • 生活の乱れ
  • トラウマ
  • 学業の遅れ
  • 身体的後遺症
  • 自分の受けたいじめを他人へ転化
  • 精神疾患
  • 生活設計の阻害
  • 心的、身体的成長の阻害
  • 失業
  • PTSD
探偵事務所パーソナルインテイク お問い合わせ