いじめ被害の拡大 お役立ち情報 | 探偵事務所 ― いじめ調査 低料金

いじめ調査 嫌がらせ調査 盗聴・盗撮調査 行方調査 − 低料金の探偵調査

探偵事務所パーソナルインテイク トップページ

トップページ > お役立ち情報 > いじめ情報 > いじめ被害の拡大

いじめ調査など各種調査が低料金の探偵社

お役立ち情報

いじめ被害の拡大 - お役立ち情報

いじめ被害の拡大

いじめは放置していくとその被害はあらゆる方面に飛び火してまともな生活を送る事ができなくなり、被害者は自殺・殺人・傷害など最悪のケースに発展する事が多々あります。また、未成年の時代に受けた心の傷は生涯消える事がなく、その後の人生において大きな影響を与えかねません。

いじめの一次被害

いじめによる一次被害とは、いじめによる直接的な被害を指します。被害の程度が軽くければ早期の対応で解決することができます。

  • 被害者の所有物の破損
  • 暴力による傷害
  • 金銭の搾取
  • 万引きの強制
  • 他人への暴行の強制
  • 他人への恐喝の強制
  • 他人への性的暴行の強制
  • 自分への性的暴行
  • プライバシーの侵害
  • 社会的な孤立化

いじめによる二次被害

いじめによる二次被害とは、一次被害を起因として派生した被害を指し、ケースによっては被害の程度は大変に悪く、社会生活に二度と復帰できなくなったり命を落とす場合もあります。

  • 自殺
  • 不登校
  • 非行
  • 保健室登校
  • いじめに対する報復
  • 中退
  • 相手保護者による報復
  • 引きこもり
  • 強要されて起こした刑事事件の訴追
  • ニート
  • 家庭内暴力
  • 被害者の無気力化
  • 生活の乱れ
  • トラウマ
  • 学業の遅れ
  • 身体的後遺症
  • 自分の受けたいじめを他人へ転化
  • 精神疾患
  • 生活設計の阻害
  • 心的、身体的成長の阻害
  • 失業
  • PTSD
  • ホームレス化

いじめを解決しようとした場合、1次被害の段階で動き始めなければなりません。2次被害は被害者が精神的に追い詰められた結果起こるものであり、ここまで被害が深刻になると被害者も自ら解決への道を歩むことはしなくなります。

探偵事務所パーソナルインテイク お問い合わせ