ストーカーの犯人像 お役立ち情報 | 探偵事務所 ― ストーカー調査 低料金

ストーカー調査 嫌がらせ調査 盗聴・盗撮調査 行方調査 − 低料金の探偵調査

探偵事務所パーソナルインテイク トップページ

トップページ > お役立ち情報 > ストーカー情報 > ストーカーの犯人像

ストーカー調査など各種調査が低料金の探偵社

お役立ち情報

ストーカーの犯人像 - お役立ち情報

ストーカーの犯人像

ストーカーのイメージ

一般的にストーカー行為をするのは「一部の精神病に似た病的な妄想を持つ人間」というイメージがあります。「ゆがんだ愛情を振りかざす」「恋愛経験が全く無い」「凶暴な性格」「精神的に問題がある」、映画や小説などに登場するストーカー像はこんな感じでした。

しかし現実は異なり、このイメージ通りの加害者は全体の事件から見ると少数派なのです。ほとんどの加害者は被害者と面識があったり、または恋愛関係の当事者であったりするのです。この事は、ひとたび問題がおこれば知り合い誰もが潜在的にストーカーになる危険がある事を示しています。


「親しい人」から「ストーカー」への変化

ほとんどのストーカーは被害者と顔見知りです。ストーカーはこの2者間で発生した何らかのトラブルがにより、通常の人間関係からストーカー行為の対象に変質したと考えられます。

ケンカやトラブルを起こした場合、相手に対する嫌悪感からコンタクトを持ちたくないという気持ちになります。しかし相手はその逆でどうしても話しをして分かり合いたいと考え、この二人に生じた考えのギャップからストーカー行為が発生すると考えられます。

「会いたいのに会ってくれない」「話したいのに話せない」このような状況に陥れば諦めてしまう人もいるでしょうが、多くの人は「会おう、話そう」と深く追いかけてしまうのです。初期段階では「しつこい相手」という認識しかないのですが、トラブルが長く続けばいつしか「ストーカー」になってしまいます。

ストーカーを予防して良好な人間関係を保つには「話しをする事」が基本です。

人間であればそれぞれ異なる考え方や性格を持ち合わせているもので、それを簡単に否定したり話し合いを拒否したりするのでは良好な人間関係は保てません。まずは相手の話をしっかり聞いて自分の意見とすり合わせます。そして自分の口で自身の意見を穏やかな論調で相手に伝えるのです。

違いがあることを理解しつつ、同意できる点や妥協できる点を模索して相手との会話を保ち、大人な人間関係を持つ事がストーカーを予防する最善な方法です。

探偵事務所パーソナルインテイク お問い合わせ