盗聴・盗撮被害の確認 お役立ち情報 | 探偵事務所 ― 盗聴調査・盗撮調査

盗聴調査 盗撮調査 嫌がらせ調査 浮気調査 行方調査 − 低料金の探偵調査

探偵事務所パーソナルインテイク トップページ

トップページ > お役立ち情報 > 盗聴調査・盗撮情報 > 盗聴・盗撮被害の確認

盗聴調査・盗撮調査など各種調査が低料金の探偵社

お役立ち情報

盗聴・盗撮被害の確認 - お役立ち情報

盗聴・盗撮被害の確認

盗聴器は簡単に仕掛けられる物ではありません。

盗聴器を仕掛けるにはまず仕掛ける場所に侵入する必要があります。外部の人間による犯行の場合、室内への侵入は最大の難関であり、外それにより犯行を諦めるケースが多いといえます。

自由に出入りできたり合鍵などを持っていれば造作もないのですが、施錠された場所となると痕跡を残さずに侵入することは大変に難しいのです。

実際、調査を行なっても仕掛けられていることは稀であり、しっかりとした根拠もなく調査を依頼すると余計な出費をしてしまうことになりかねません。まずは仕掛けられたと考えられる状況を整理し、様々な可能性を探ることが必要となります。


盗聴発見器

盗聴発見器は量販店などで数千円で販売されているもので、手軽に不審な電波を探すことができます。ただしこの機械で調べられるのは一般的な盗聴器の周波数帯のみなので、電気関係に詳しい人間が自作した盗聴器の場合は発見が難しいと言えます。探偵社に調査を依頼する前に、あくまで簡易検査程度で利用される分には良いかと思われます。より正確な答えをお求めの場合には次にご紹介するワイドバンドレシーバーを使われる事をお勧めいたします。


ワイドバンドレシーバー

ワイドバンドレシーバーとは広い帯域の電波を検知し、周囲から発せられている電波に自動的にサーチし聞くことができる機器です。専門的な店が軒を連ねる東京の秋葉原、大阪の日本橋などの電気街で販売されています。価格は上記の盗聴発見器とは異なり数万円と高額ですが、性能は歴然とした違いがあります。また機種によっては盗聴器を発見する機能がついているものもあり、不審な電波を手軽に調べることができます。探偵社でも高性能なワイドバンドレシーバーを多用しています。


盗撮カメラ発見器

盗撮カメラ発見器とは、電波を検知しただけでは探すことが不可能な盗撮カメラを探し出すことができる機器です。発見器の本体からLEDの光を周囲に照らし特殊なレンズで周囲を覗くと、盗撮カメラのレンズが光に反応して位置を探すことができるのです。価格は数万円ほど掛かり、やはり電気街の専門店などで販売されています。簡単な操作で効果的に盗撮カメラを探しだすことができるため、探偵社でもよく使われています。

探偵事務所パーソナルインテイク お問い合わせ