盗聴・盗撮とは お役立ち情報 | 探偵事務所 ― 盗聴調査・盗撮調査

盗聴調査 盗撮調査 嫌がらせ調査 浮気調査 行方調査 − 低料金の探偵調査

探偵事務所パーソナルインテイク トップページ

トップページ > お役立ち情報 > 盗聴調査・盗撮情報 > 盗聴・盗撮とは

盗聴調査・盗撮調査など各種調査が低料金の探偵社

お役立ち情報

盗聴・盗撮とは - お役立ち情報

盗聴・盗撮とは

盗聴・盗撮とは

盗聴・盗撮とは、本人に無断で音声や映像を聞いたり見たりし、それらを機器に記録する行為を指します。

盗聴・盗撮により得られた情報は個々の目的に合わせて活用され、「ワイセツ目的」「行動を探る」「スパイの情報収集」「情報を売り出す」など様々な場面で使われます。

現状では「ワイセツ目的」とした盗聴・盗撮がほとんどで、最も頻繁に起こるケースでは携帯電話のカメラや動画撮影機能を利用した盗撮が「満員電車」「エスカレーター」「階段」などで行われています。


盗聴・盗撮の現状

東京の秋葉原や大阪の日本橋の電気街に買い物に行くと、そこでは盗聴器や盗撮器が何の制約も無く堂々と売られています。しかも最近では電気街まで行かなくても町のディスカウントストアなどでも売られるようになりました。

以前は一部のマニアにしか使われる事の無かったこのような機器も、小型化・簡易化して誰もが使えるようになりました。値段も低価格の物が売り出されるようになり、今まで興味を持たなかった方まで安易に手を出すようになりました。

盗聴・盗撮の現状
なぜ盗聴・盗撮が増加したか?

盗聴・盗撮器の簡易化・低価格化の話は先にご紹介しましたが、最も大きな原因は行為自体が簡単で「犯罪をしている」という意識があまりない点だと言えます。

痴漢や強制わいせつなどは自らの手を直接出すため、多くの方は躊躇して犯罪を踏みとどまります。一方、盗聴や盗撮の場合はバレない限り相手に迷惑をかけることが無いため、非常に軽い気持ちで手を出してしまうのです。

また、現状で日本には盗聴・盗撮行為を直接取り締まる法律が無い点も犯罪を助長していると言えます。

あまりに手軽な一方で、一度プライベートな情報が流出してしまうと、被害者には大変甚大な被害をもたらしてしまうのです。

探偵事務所パーソナルインテイク お問い合わせ