盗聴器・盗撮器の種類 お役立ち情報 | 探偵事務所 ― 盗聴調査・盗撮調査

盗聴調査 盗撮調査 嫌がらせ調査 浮気調査 行方調査 − 低料金の探偵調査

探偵事務所パーソナルインテイク トップページ

トップページ > お役立ち情報 > 盗聴調査・盗撮情報 > 盗聴器・盗撮器の種類

盗聴調査・盗撮調査など各種調査が低料金の探偵社

お役立ち情報

盗聴器・盗撮器の種類 - お役立ち情報

盗聴器・盗撮器の種類

盗聴器・盗撮器はその用途に合わせて様々な種類があり、様々な場所からあなたのプライバシーを狙っています。最近は一見してもまるで判らない偽装された機材も多数流通しており、警戒が必要です。

無線式盗聴器

無線機能が付いた盗聴器で現場にいることなく遠方でも受信できる機器。電波出力により電波が届く距離は変わる。盗聴電波を辿ることで見つけ出しやすい。

有線式盗聴器

盗聴器から電線で屋外につなぎ傍受する機器。盗聴電波が発生しないため、盗聴器の場所を特定することは難しい。

電話回線用盗聴器

一般電話回線に仕掛ける盗聴発信機で通話中のみ作動し電波を発信する。電話回線上を辿ることで発見できる。

偽装盗聴器

既存の品物の中身をすり替えて仕掛ける盗聴器で、発見するのは困難を極める。「電化製品」「電卓」「ペン」「植木鉢」「ぬいぐるみ」「延長コード」「光学マウス」などが確認されている。

音感知式盗聴器

周囲の音に反応してスイッチが入るタイプ。無音状態では作動しないため電池が長くもち稼働時間が長い。

レーザー盗聴器

レーザー光線で室内の音の振動を拾う最新の盗聴器。遠く離れた屋外から室内の会話を盗聴できるため、窓の無い部屋で話すなどの対策が必要。

ICレコーダー

内蔵されているICメモリに電子的に録音ができ、高性能で長時間録音ができる。本来はメモ代わりに使われる物だが、使い方によっては盗聴器にもなる。

コンクリートマイク

別名は壁マイクとも言い、隣室の会話を壁・天井・床越しにマイクで拾い増幅して聞くことができる特殊なマイク。

コンデンサーマイク

非常に小型で微弱な音声を拾い上げ増幅して聞くことができるマイク。

ダイナミックマイク

他のマイクと異なり、マイク自体に電力が不要で非常に頑丈なマイク。

ニードルマイク

先端が針状になっているマイクで隙間から差し込んで仕掛けるタイプのマイク。

無線式盗聴カメラ

無線機能が付いた盗撮器で現場にいることなく遠方でも受信できる機器。電波出力により電波が届く距離は変わる。盗撮電波を辿ることで見つけ出しやすい。

有線式盗撮カメラ

盗撮器から電線で屋外につなぎ傍受する機器。盗撮電波が発生しないため、盗撮器の場所を特定することは難しい。

ピンホールレンズ

盗撮用のビデオカメラの1ミリから3ミリ程度の穴から撮ることが出来るレンズ。市販のビデオカメラに取り付けて使用でき、 カバンなどにあけた小さな穴から隠れて撮影できるため見つけ出すことが難しい。

赤外線カメラ

赤外線を映像装置に用いたカメラで、光源がまったく無い暗闇でも撮影が可能。

デジタルカメラ

撮影した動画や静止画をデジタルデータとして記録するビデオカメラを指す。市販されているカメラでも小型で性能が良いため盗撮カメラとしても使える。

携帯カメラ

現在多くの人が持っている携帯は、カメラが標準装備されており、盗撮カメラとして使われる危険性がとても高い。

ファイバースコープ

細長い形状のケーブルの先端に小型カメラをつけた物で、カメラを設置できない狭い場所にケーブルを差し込み、内部の映像を見ることができる機材。

探偵事務所パーソナルインテイク お問い合わせ