盗聴・盗撮の目的 お役立ち情報 | 探偵事務所 ― 盗聴調査・盗撮調査

盗聴調査 盗撮調査 嫌がらせ調査 浮気調査 行方調査 − 低料金の探偵調査

探偵事務所パーソナルインテイク トップページ

トップページ > お役立ち情報 > 盗聴調査・盗撮情報 > 盗聴・盗撮の目的

盗聴調査・盗撮調査など各種調査が低料金の探偵社

お役立ち情報

盗聴・盗撮の目的 - お役立ち情報

盗聴・盗撮の目的

ワイセツ目的の盗聴・盗撮

盗聴・盗撮でもっとも多いのがワイセツを目的とした物です。

自宅や職場や公共の場などで、「着替えの盗撮」「トイレの盗撮」「バスルームの盗撮」「性交の盗撮」など、衣服を身に着けていない瞬間を犯人は狙ってきます。

また衣服を着けている場でも安心はできません。階段やエスカレーターなどの段差がある場所での盗撮や、満員電車など身動きが取れない場所でも犯人は狙ってきます。また夏の海岸やプールでは水着を透かして撮影する赤外線カメラでの盗撮も隠然と行われているのです。


ストーカー行為目的の盗聴・盗撮

対象人物をストーカー行為する目的として行われる盗聴・盗撮があります。

ワイセツを目的とした場合とは異なり、相手の動向や行動などを知ることを目的としたもので、犯人は得られた情報を聞いて楽しんだり、もしくは情報を元に対象の人物を付け回すなどの行為に及ぶ犯人もいます。

狙われるのは主に自宅で、リビングやベッドルームなどの日常生活の場に機器を仕掛けます。


相手の動向を探る事を目的とした盗聴・盗撮

対象人物の動向や行動を探ることを目的とした盗聴・盗撮があります。

動向を探る事を目的とした場合、犯人が身内であるケースがとても多いと言えます。「親が子供を探る」「夫が妻を探る」「祖父母が孫の育児状況を探る」など、身内内でのトラブルや懸念を解消する事を目的とした物で、犯罪性は非常に少ない行為だと言えます。

狙われるのは日常生活の場で、夫婦の様子を探る場合はリビングやベッドルーム、子供の様子を探る場合は子供部屋などに仕掛けられます。


情報を売り出す事を目的とした盗聴・盗撮

情報を売り出すとは、盗撮した映像を業者に売り込むことを目的とした盗撮の事を指し、主にワイセツ映像をその対象とします。

以前は温泉や公衆トイレなどの盗撮が多かったのですが、近年では趣味の多様化に伴い、子供の運動会の様子を撮影したり、街角の女性のパンティーラインをひたすら撮影した物など、様々な場所で盗撮行為が行われています。


企業情報収集を目的とした盗聴・盗撮

企業の動向や技術などの機密情報を盗み出すことを目的とした盗聴・盗撮の事を指します。

日本は多くの先進技術を有するため、国内の同業他社が仕掛ける以外に、他国の産業スパイの魔の手にも日々さらされています。

冷戦構造が終結して以来、大国の諜報機関は存在意義を得るために他国の民間の会社へのスパイ活動を積極的に行うようになり、自国の企業に有利な情報をもたらすようになりました。

特に日本は盗聴防止法やスパイ防止法が制定されていないため、格好の餌食にされているのです。


最も被害が深刻な盗聴・盗撮

2009年、アダルトビデオ製作会社が販売目的で盗撮を行っていたとして警察の摘発を受けました。

盗撮は個人の鑑賞目的だけでなく、大量販売を目的にしたケースも数多く存在します。一度発売されれば回収はほぼ不可能となり、生涯に渡り被害者を悩ませ続けます。

盗撮のご懸念がある場合には早めに弊社までご相談下さい。

探偵事務所パーソナルインテイク お問い合わせ