盗聴・盗撮の被害の拡大 お役立ち情報 | 探偵事務所 ― 盗聴・盗撮調査

盗聴調査 盗撮調査 嫌がらせ調査 浮気調査 行方調査 − 低料金の探偵調査

探偵事務所パーソナルインテイク トップページ

トップページ > お役立ち情報 > 盗聴調査・盗撮情報 > 盗聴・盗撮の被害の拡大

盗聴調査・盗撮調査など各種調査が低料金の探偵社

お役立ち情報

盗聴・盗撮の被害の拡大 - お役立ち情報

盗聴・盗撮の被害の拡大

個人の被害の拡大

盗聴や盗撮の被害を受けていることを知らずにいた場合、その被害はあらゆる方面に飛び火して、まともな生活を送る事ができなくなる可能性があります。

犯人はただその映像を見るだけでは満足しなくなると、インターネット上に映像を流出させたり、アダルトビデオ制作会社に映像を持ち込んだりという行動にでてしまうケースも過去に発生しました。

また、映像に写されていた対象の人物に対して屈折した一方的な愛情を持つようになり、危険なストーカーになるケースも実際にあります。

犯人がこのような行為に出てしまってからでは押さえ込むことはほぼ不可能で、特にインターネットへの流出は深刻な事態を引き起こすことになり、転職や引越しを余儀なくされた方もいらっしゃいます。

このような被害を拡大させないためには初期の段階で犯行を押さえ込むことが大切で、日常的に盗聴や盗撮の危険を意識する必要があります。


企業の被害の拡大

近年、企業からの顧客情報の漏洩事件がしばしば報道され、大きな社会問題になっています。

情報の流出は企業の信用を貶める重大な問題であり、経営に直接打撃を与える事態になりかねません。

特に個人情報の流出に関しては消費者やマスコミの目は非常に厳しく、新聞やテレビのニュースで大きく取り上げられ、取引の停止や損害賠償請求を受けることも充分に考えられます。

自社社員による流出の場合は書類の持ち出しやメディアへのコピーがよく行なわれますが、外部の人間による流出の場合は盗聴・盗撮がよく行なわれます。

盗聴・盗撮をするには一度仕掛ける場所に立ち入らなければならず、社内への侵入を許した時点で情報を盗む仕掛けをされる以外にも様々な工作をされる可能性もあります。

探偵事務所パーソナルインテイク お問い合わせ