離婚届 浮気・不倫 離婚情報 | 探偵事務所 ― 浮気調査 低料金

浮気調査 嫌がらせ調査 盗聴・盗撮調査 行方調査 − 低料金の探偵調査

探偵事務所パーソナルインテイク トップページ

トップページ > お役立ち情報 > 浮気・不倫情報 > 離婚届

浮気調査など各種調査が低料金の探偵社

お役立ち情報

離婚届 - お役立ち情報

離婚届

調査依頼の前に

普段余りお目にかかることの無い離婚届は、正式名称を離婚届書(りこんとどけしょ)と言い、用紙は市役所、区役所、町村役場などに備えています。

           


離婚届を書く

離婚届に書き込む内容は次のような物があります。書類の様式は全国でほぼ統一されていますが、書き込みする際には申請をする各自治体の窓口にお問い合わせ下さい。

  • 夫婦双方の氏名
  • 夫婦双方の住所
  • 夫婦双方の父母の名前
  • 離婚の種別
  • 本籍
  • 婚姻前の氏に戻る物の本籍
  • 離婚の種別
  • 同居の期間
  • 別居する前の住所
  • 別居する前の世帯のおもな仕事と夫婦の職業
  • 届出人署名捺印

なお、協議離婚の際には離婚届に夫婦双方の署名捺印(夫婦同姓の印鑑)のほか、成人証人2名の署名押印が必要となります。また場合によっては他にも書類が必要となる場合もあります。


離婚届を出す

役所への離婚届の提出は、夫婦の本籍地や現在所在地で行なうことができますが、夫婦の本籍地以外の役所で提出する場合には戸籍謄本の添付が必要となります。

協議離婚
婚姻関係にあった夫婦が協議離婚する場合は離婚届に夫婦双方の署名捺印(夫婦同姓の印鑑)のほか、成人証人2名の署名押印が必要となります。
また離婚する夫婦に未成年の子がいた場合は、夫婦者のどちらにその親権に属するか互いに協議し決定した上でを記載する必要があります。
裁判離婚
裁判所による判断(調停、審判、判決)がだされ、それにより離婚する場合、離婚届の提出と共に調停調書、審判書、判決書の謄本も併せて提出する必要があります。届出期間は確定から10日いないと定められています。なお裁判離婚の場合は証人を必要としません。

また離婚する夫婦に未成年の子がいた場合は、夫婦者のどちらにその親権に属するか決定通り記載する必要があります。

探偵事務所パーソナルインテイク お問い合わせ