調査を依頼するには 浮気・不倫 離婚情報 | 探偵事務所 ― 浮気調査 低料金

浮気調査 嫌がらせ調査 盗聴・盗撮調査 行方調査 − 低料金の探偵調査

探偵事務所パーソナルインテイク トップページ

トップページ > お役立ち情報 > 浮気・不倫情報 > 調査を依頼するには

浮気調査など各種調査が低料金の探偵社

お役立ち情報

調査を依頼するには - お役立ち情報

調査を依頼するには

目指す目的を考える

あなたの独自の調査で配偶者の浮気が確実なものになったら、次に行うのはどのような目的を持って対処するかを考えることです。

  • 初めてなので許す
  • 徹底的に話し合いをして元の仲に戻る
  • 配偶者を懲らしめたい
  • 浮気相手を懲らしめたい
  • 離婚したい

人により、各家庭の事情により、目指す目的は変わります。
また、一度は決めた目的も時々の情勢により流動的になることも充分に考えられますが、まずはその時点で最も良いと思われる目的を考え設定する必要があります。


目的達成の為に必要な事を考える

特に重要なのは離婚や慰謝料請求を目的とした場合です。

離婚や慰謝料請求をしようとすれば、その後に調停や裁判に発展する可能性が高く、浮気の事実を証明する証拠には法的要件が必要となります。

法的要件を満たした証拠の収集は非常に難しく、個人でできるものではありません。弁護士も証拠の収集までは行ってはおらず、プロの探偵社による調査は不可欠になります。

また浮気相手に慰謝料を請求する場合には相手の氏名・住所・年齢等の人物を特定する情報が必要になり、職業・実家・およその年収などの予備知識も押さえたほうが良いと言えます。


浮気調査を依頼する際の注意点

浮気調査をご相談・ご依頼される際、配偶者にそれを気付かれてしまうことが稀にあります。

お互いが探りあいをしている時期に携帯電話に不審な発信履歴が残されていたり、探偵社のパンフレットが部屋にあったり、インターネットの閲覧履歴に探偵社のHPが残されている、これらの事があれば当然に疑われ相手は警戒してしまいます。

疑いを持ち、よく目を見張っているのはあなただけではありません。浮気と言う傷を持つ配偶者もそれは同じ事であり、充分な注意が必要です。


気持ちを抑える

浮気調査をご依頼された後に自分の気持ちが抑えきれず、不要な喧嘩をしたり、相手の警戒を誘う言葉を掛けてしまうケースがあります。

相手の裏切り行為に遭い、不信感や深い悲しみを抑えきれない気持ちはよく理解できます。しかし先のことを考えた場合、ここでは調査を優先させることが非常に重要であり、お気持ちを抑えることが強く求められます。

探偵事務所パーソナルインテイク お問い合わせ