離婚とお金の問題 婚姻費用分担 浮気・不倫 離婚情報 | 探偵事務所 ― 浮気調査

浮気調査 嫌がらせ調査 盗聴・盗撮調査 行方調査 − 低料金の探偵調査

探偵事務所パーソナルインテイク トップページ

トップページ > お役立ち情報 > 浮気・不倫情報 > 離婚とお金の問題 婚姻費用分担

浮気調査など各種調査が低料金の探偵社

お役立ち情報

離婚とお金の問題 婚姻費用分担 - お役立ち情報

婚姻費用分担 離婚とお金の問題

婚姻費用とは

結婚して夫婦が生活を送っていく上での生活費のことを婚姻費用といいます。

普通に夫婦が同居している状態では婚姻費用の分担を考える必要はありませんが、生活を別にしている場合は相手方の生活が自分と同じレベルを維持できるように扶養するという「生活保持義務」があるため、生活費・衣食住の費用・医療費・交際費・養育費などを分担する義務があるのです。

支払われる金額

婚姻費用分担で支払われる金額は相手方の財産状況により変わります。裁判所の統計では一般的な生活水準に照らし合わせて算定していますが、毎月4万〜15万円支払うケースが最も多いです。

支払いの期間

支払い始めは婚姻費用分担を調停や審判に申し立てた時から認められます。

本来は別居した時点から支払われるべきものなので請求が早い方が良いでしょう。支払期限は離婚または別居が解消されるまでの期間が認められるています。

また、婚姻費用の分担は過去にさかのぼって請求する事ができますが、いつまで遡れるかはケースにより変わります。

支払いの方法

支払い方法は双方の事情により話合いによって決められます。

一般的には期限までの毎月に銀行口座に振込みを行う方法がありますが、継続した支払いが困難な相手には多少額が低くても一時金として一括して受け取る方法もあります。

重要なのは確実に受け取る事なので、そのために最良と思われる額と方法は交渉によっては多少の妥協がいる場合もあります。

支払いの拒否

協議や調停中において合意した婚姻費用の支払いを拒否した場合は、家庭裁判所に「婚姻費用分担の申立」を行いましょう。

裁判所は夫に対して婚姻費用分担の命令をだすことができますが、この命令は仮の措置のため強制力はありません。

それでも支払いがないと家庭裁判所は履行するように履行勧告や履行命令を出しますが、差し当たっての生活費にも困る状況になった場合は強制力がある「審判前の保全処分」が下されて給料や資産の差し押さえなどができます。

探偵事務所パーソナルインテイク お問い合わせ