離婚とお金の問題 慰謝料 浮気・不倫 離婚情報 | 探偵事務所 浮気調査

浮気調査 嫌がらせ調査 盗聴・盗撮調査 行方調査 − 低料金の探偵調査

探偵事務所パーソナルインテイク トップページ

トップページ > お役立ち情報 > 浮気・不倫情報 > 離婚とお金の問題 慰謝料

浮気調査など各種調査が低料金の探偵社

お役立ち情報

離婚とお金の問題 慰謝料 - お役立ち情報

慰謝料 離婚とお金の問題

慰謝料の請求とは

慰謝料とは、相手方に原因のある離婚によって受けた精神的苦痛に対して請求できる金銭を指します。

「離婚したら必ずもらえる」という認識があるようですが、実際は加害・被害関係にあるものだけが対象で、双方に責任がある離婚には適用されません。

また、慰謝料を請求する際には婚姻関係の崩壊の原因が相手方にある事を立証する責任があり、法廷で認められる充分な証拠を事前に用意しておく必要があります。

慰謝料の金額

慰謝料の金額は法律などによる基準がなく、個々のケースにより変動します。金額決定には責任の所在・婚姻や別居の期間・子供の有無や親権・財産・被害の程度が関係し、財産分与・養育費など他の支払額とを総合的に判断されます。

裁判所の統計では300万円〜400万円が最も多いとされています。

慰謝料請求の時効

慰謝料の請求は協議・調停・裁判の各段階で申し立てできますが、それ以外でも離婚が成立した日から3年以内であれば請求できます。

しかし離婚後の慰謝料では財産を勝手に処分して額を値切ったり、協議に全く応じないなどの問題が持ち上がり、支払いが遅れたり全く支払われない事もあります。

そのような場合には裁判所に調停・審判を申し立てることができますが、やはり事前の協議をしっかり行い取り決めを文書化しておく必要があります。

また、離婚時に慰謝料の請求をしない取り決めを交わしてしまうと、後に請求ができなくなるため注意が必要です。

探偵事務所パーソナルインテイク お問い合わせ