離婚と子供 子供の姓と戸籍 浮気・不倫 離婚情報 | 探偵事務所 浮気調査

浮気調査 嫌がらせ調査 盗聴・盗撮調査 行方調査 − 低料金の探偵調査

探偵事務所パーソナルインテイク トップページ

トップページ > お役立ち情報 > 浮気・不倫情報 > 離婚と子供の問題 子供の姓と戸籍

浮気調査など各種調査が低料金の探偵社

お役立ち情報

離婚と子供 子供の姓と戸籍 - お役立ち情報

離婚と子供の問題 子供の姓と戸籍

姓と戸籍の変更

戸籍とは、家族集団単位で個人の身分関係を明確にするもので、親が離婚する際に子供は戸籍をどうするかでしばしば問題になります。

夫婦が離婚して場合、子供は夫を筆頭者とした戸籍に残るのが原則で、例え妻が子供の親権者になってもそれは変わりません。

妻が子と同じ姓になる為の手続き

妻が離婚し旧姓を名乗るには2つの方法が考えられます。

婚姻前の旧姓の戸籍に戻る方法と、新たに自分を筆頭者とした戸籍を作る方法です。いずれにおいても妻の姓を変えることは可能ですが、子供の姓を変えるには別個で手続きが必要になります。

手続きにおいてまず必要なのは母親が親権者であると言う事です。もし親権がない場合は家庭裁判所に子供の姓の変更を申立てることができず、親権者である父親から申立ててもらうか、裁判所に「親権者変更の審判申立」をする事になります。

母が元から親権者であれば、管轄の家庭裁判所に母の離婚後の戸籍謄本と元夫の戸籍謄本を提出して「子の氏の変更許可の申立」を行い、家庭裁判所の許可審判書の謄本と子どもの入籍届を役所に提出することで完了します。

子供の意志による姓の変更

所定の手続きを経て母と同じ氏に改めた子供でも、成年になってから1年以内に役所に届け出をすることで元の氏に戻すことが可能です。その際に家庭裁判所への申し立てや許可は一切必要ありません。

探偵事務所パーソナルインテイク お問い合わせ