離婚と子供の問題 面接交渉権 浮気・不倫 離婚情報 | 探偵事務所

浮気調査 嫌がらせ調査 盗聴・盗撮調査 行方調査 − 低料金の探偵調査

探偵事務所パーソナルインテイク トップページ

トップページ > お役立ち情報 > 浮気・不倫情報 > 離婚と子供の問題 面接交渉権

浮気調査など各種調査が低料金の探偵社

お役立ち情報

離婚と子供の問題 面接交渉権 - お役立ち情報

離婚と子供の問題 面接交渉権

面接交渉権とは

面接交渉権とは親権を持たない方の親が自分の子供に会う権利のことを指し、特定の日時に子供と一緒の時間を過ごし、面会・食事・宿泊などすることを指します。通常は正当な理由がなく面接交渉を拒否できませんが子供の福祉や利益に反する場合は拒否できます。

面接交渉が認められる基準

面接交渉が認められる基準は子どもの福祉・利益に適うかどうかです。全ての相手に面接交渉権が与えられるわけではなく、家庭内暴力やアルコール中毒や児童虐待など、会うことで子どもに悪影響が出ると認められる場合には協議や調停や家庭裁判所により面接が制限されます。

面接交渉の取り決め

面接交渉を行う場合には条件を具体的に決めておくことが大切です。この取り決めがきちんとなされ書面にして記録しておかなかった場合、争いが起こる可能性が考えられます。

近年では面接交渉のトラブルから子供の誘拐事件に発展したケースもあり、起こりうるトラブルにあらかじめ対応できる準備をしておく必要があります。

面接に当たって決めておくべき事柄
  • 子供の意思の受け入れ方
  • 子供と会うための方法
  • 規約違反時の処遇
  • 子供の成年後の面接
  • 年、月、週に会う回数
  • 1回あたりの時間
  • 宿泊の可否
  • 子供と電話や手紙など連絡の可否
  • 子供へのプレゼントの可否
  • 子供におこづかい等の金銭の受け渡し
  • 学校行事へ参加の可否
  • 日時の決めかた
探偵事務所パーソナルインテイク お問い合わせ