離婚と子供の問題 親権 浮気・不倫 離婚情報 | 探偵事務所 ― 浮気調査

浮気調査 嫌がらせ調査 盗聴・盗撮調査 行方調査 − 低料金の探偵調査

探偵事務所パーソナルインテイク トップページ

トップページ > お役立ち情報 > 浮気・不倫情報 > 離婚と子供の問題 親権

浮気調査など各種調査が低料金の探偵社

お役立ち情報

離婚と子供の問題 親権 - お役立ち情報

離婚と子供の問題 親権

親権とは

親権とは未成年の子供の監護・教育(身上監護権)し、子供の財産を管理(財産管理権)するために両親に与えられた権利や義務を指します。離婚時に未成年の子供がいる時は共同では親権は持てず、どちらか一方が持つ事になりその戸籍に記入され、子供が複数いる場合は子供ごとに親権を決めるので、夫婦で子供を分ける事が可能です。

また、離婚時に親権者と監護者を分けて、監護者になった方が子供の世話をすることもあります。親権者は財産管理権と身上監護権があり、監護者は身上監護権が親権者と共同で与えられ、この2つに分けるのは裁判で時間が掛かり過ぎて子供の成長に影響が及ばないようにするための現実的な方策で、夫婦の話合いで決めることができます。妊娠中に離婚する場合は生まれてきた子供の親権者は母親になり、子供の出生後にの協議で父を親権者と定めることも可能です。

子供の対象年齢
0歳〜10歳 生活全般で母親が世話をする事が多く、親権を持つ事が最も妥当と判断されるため母親が親権者になることが多い。 
10歳〜15歳 子どもの意思を尊重しますがその際に子どもの精神・肉体的な発育状況も加味され、総合的な判断がなされます。
15歳〜20歳 子ども自身の判断に委ねられます。
20歳〜 20歳以上は親権者の指定はありません。

親権を決める基準

まずは夫婦での話し合いを行いますが、協議の結果、親権者が決まらない場合は家庭裁判所が判断する事になります。

→ 父母の側の基準
心身の状態、生活態度、監護能力、精神的、経済的家庭環境、住居、教育環境、子どもに対する愛情の度合い、従来の監護状況、監護補助者がいるか、収入と支出、住宅環境、性格、育児に専念できる時間など。

→ 子どもの側の事情
年齢、性別、心身の発育状況、従来の環境への適応状況、環境の変化への適応性、子どもの意思、父母との結びつきなど。

親権を決める手続き

親権は始めは夫婦の協議に委ねられます。この時点で親権が決まれば取り決めを公正証書にし、離婚届への記入で手続きが完了します。

協議で決まらない場合は家庭裁判所に「子の親権者指定も調停」を申し立て、裁判所の調査官の家庭環境や父母の調査を元に基準と照らし合わせた上で総合的に判断され、どちらか一方に親権がある旨の判断が出されます。

家庭裁判所の判断に不服がある場合は上級裁判所に申し立て裁判を継続する事になります。

探偵事務所パーソナルインテイク お問い合わせ