失踪の兆候を調べる 失踪・行方情報 | 探偵事務所 ― 失踪・行方調査

失踪調査 嫌がらせ調査 盗聴・盗撮調査 行方調査 − 低料金の探偵調査

探偵事務所パーソナルインテイク トップページ

トップページ > お役立ち情報 > 失踪情報 > 失踪の兆候を調べる

失踪調査など各種調査が低料金の探偵社

お役立ち情報

失踪の兆候を調べる − お役立ち情報

失踪の兆候を調べる

人は失踪に至るまでに様々な兆候が肉体面や精神面に現れます。

トラブルを抱えている人間はストレスから体調の不良や病気を誘発することがあり、人と話す事を避けたり軽度の鬱になどの様々な障害が現れます。大切なのは周囲の人間が対象者に現れた兆候を早期に掴み共に問題解決に当たる事で、それにより失踪や行方不明を未然に防ぐこと出来るのです。では対象者に表れる「失踪の兆候」にはどのような物があるのでしょうか。


肉体的な兆候

肉体的な兆候は、精神的な兆候に比べて目に見えて状況の変化が判るので、対象者を観察していれば比較的に容易にその兆候を見つけ出すことができます。

人により多少の差はありますが、およそ次の3段階に兆候を分ける事ができます。言うまでもなく早い段階で周囲が気付いてあげる事が重要です。

初期段階
体がだるく動きたくない
すぐに疲れてしまい疲労感が残る
肩がこりやすい
たまに頭痛がある
寝つきが悪くなる
ご飯を食べ残しする
注意段階
頻繁に頭痛がする
酒やタバコの量が増える
体重が急に増減する
顔色が優れず姿勢が悪くなる
食欲の増減が激しい
眠りが浅くなり睡眠が乱れる
危険段階
胃がキリキリと痛む
頭髪の抜け毛が激しいめまいや耳鳴りがする
体の各部に急な神経痛がなる
下痢や便秘などの症状がある
体がだるく全く動けない

精神的な兆候

人と話す事を避けたり対人恐怖や軽度の鬱などの精神的な兆候。

精神的な兆候は相手の心という目では見にくい所を読み取る事になるため、対象者をよく観察して判断する必要があります。

人により多少の差はありますが、およそ次の3段階に兆候を分ける事ができます。言うまでもなく早い段階で周囲が気付いてあげる事が重要です。

初期段階
人と話すのがめんどくさい
笑うことがあまり無い
生活がだらしなくなる ・遊ぶことが少なくなる
友人の誘いを訳も無く断る
一人でいるのが楽
注意段階
仕事や勉強が手に付かなくなる
自宅や部屋からあまり出なくなる
服装など外見を気にしなくなる
トラブルを積極的に解決しようとしない
悩みを誰にも話さず一人で抱える
独り言を話す
危険段階
人の話をまったく聞かない
感情のままに行動してしまう
周囲や自分を傷つける
会社や学校を無断で欠席する
引きこもりになる
周囲とのコミュニケーションを絶つ
探偵事務所パーソナルインテイク お問い合わせ