お役立ち情報 自分でできる調査 戸籍附票 失踪・行方情報 | 探偵事務所

失踪調査 嫌がらせ調査 盗聴・盗撮調査 行方調査 − 低料金の探偵調査

探偵事務所パーソナルインテイク トップページ

トップページ > お役立ち情報 > 失踪情報 > 自分でできる調査 戸籍の附票

失踪調査など各種調査が低料金の探偵社

お役立ち情報

自分でできる調査 戸籍の附票 − お役立ち情報

自分でできる調査 戸籍の附票

失踪者の多くは失踪当初には気が回らず、すぐに自分の現住所を届け出ることはありません。しかし失踪期間が長くなれば日常的に何かと必要に迫られる届出を出す事になり、住民票や戸籍を調べる場合にはある程度の時間を置いてから調べたほうが良いと言えます。

ただし他人が勝手に調べられるものではなく、ご家族に限定された調査法です。

戸籍の附票とは

住民票は現住所の役所が管理する物であり、そこには「前住所」「現住所」「転出先の住所」の3ヶ所しか記載されていません。

もし失踪者がこの3ヶ所以上を転出した場合は足跡をたどる事ができず、さらに受け取った住民票が最新の物ではなければ、現住所はどこになるか判らなくなります。

そのような場合に「戸籍の附票」は有効な情報をもたらしてくれます。「戸籍の附票」には対象者が今まで転居したすべての住所がその日付と共に記載されており、そこには常に最新の情報が記載されています。


情報の引き出し

戸籍の附票を引き出す場合、家族であれば何の問題も無く引き出すことができますが、注意が必要なのは本籍地の役所でしか引き出すことができないと言う点です。

本籍地が遠く離れ、ご家族が向かうことができない場合には代理人を立てることがありますが、家族以外の人間が代理で引き出そうとした場合は、事前に代理申請の書類を用意するなど手続きが必要になります。

また最近では郵送でも発行してくれる場合もあるため、まずは該当する役所までお問い合わせ下さい。

探偵事務所パーソナルインテイク お問い合わせ