自分でできる調査 部屋 失踪・行方情報 | 探偵事務所 ― 失踪・行方調査

失踪調査 嫌がらせ調査 盗聴・盗撮調査 行方調査 − 低料金の探偵調査

探偵事務所パーソナルインテイク トップページ

トップページ > お役立ち情報 > 失踪情報 > 自分でできる調査

失踪調査など各種調査が低料金の探偵社

お役立ち情報

自分でできる調査 部屋 − お役立ち情報

自分でできる調査 対象者の自宅・部屋

失踪者は失踪を企てる際に、ある程度の計画を立てて行方をくらまします。対象者の部屋を探る事で原因・計画・現在所在地など様々な情報を掴む事ができます。

失踪者の日記

失踪者の最近の状況や、抱えているトラブル、失踪の直接の原因などを知ることができます。また日頃から交流のある友人関係も日記から読み解くことができ、後に友人に聞き込む際の重要な資料にもなります。

写真アルバムや手紙

失踪者の過去から現在に渡る交友関係を把握する事ができ、失踪者が連絡を取りそうな友人や宿を借りていそうな友人を洗い出すことができます。また、失踪者が移動手段をあらかじめ用意していた場合、鉄道・バス・飛行機などのチケットが郵送されている可能性も高く、旅行社などのからの手紙には注意が必要です。

本や雑誌

失踪者の所有していた本や雑誌から趣味や好みを把握することができます。特殊な趣味であれば失踪先周辺を洗う際の有力なポイントになり、失踪先の趣味のコミュニティーに加入している可能性も考えられます。また、最近購入されたと思われる真新しい地図や観光関連の本を所持していた場合、その周辺に隠れていることも考えられます。

カレンダーやスケジュール帳

失踪者の多くは事前に計画を立ててある程度の準備をした上で失踪をします。カレンダーやスケジュール帳にヒントに繋がる事柄が書き込まれている可能性も考えられます。

ゴミ箱

失踪するにあたり準備した事柄をそのまま自室に残さず隠滅した事も考えられます。ゴミ箱の中身も丹念に探すことで何らかの痕跡を見つけ出すこともできます。

部屋から無くなったもの

部屋から無くなったもの、つまり失踪者が持っていった物から、その失踪の意味するものを読み取れることもあります。例えば着替えの洋服を少数持っていっただけであれば期間の短い家出程度だと見当が付きますが、生活用品を一式や預金通帳などの資金まで持っていったのであれば決意の固い失踪だとわかります。

また何も持っていかない失踪であった場合は、突発的なトラブルによる失踪であったり、何かしらの犯罪に巻き込まれた可能性も考えられます。

探偵事務所パーソナルインテイク お問い合わせ