捜索願の出し方 失踪・行方情報 | 探偵事務所 ― 失踪・行方調査

失踪調査 嫌がらせ調査 盗聴・盗撮調査 行方調査 − 低料金の探偵調査

探偵事務所パーソナルインテイク トップページ

トップページ > お役立ち情報 > 失踪情報 > 捜索願の出し方

失踪調査など各種調査が低料金の探偵社

お役立ち情報

捜索願の出し方 − お役立ち情報

捜索願の出し方

捜索願とは

捜索願とは「家出人捜索願」のことを指し、失踪者の家族や親類などの関係者のみ提出する事ができます。

捜索届けを提出すると警察のデータベースに失踪者の情報が登録され、パトロールや職務質問などで見つけ出す事ができます。

失踪者が発見されれば家族に連絡がはいり、未成年であれば強制的に家に戻すことができますが、成人であれば本人の意思が尊重されるため強制はできません。

また「家出人捜索願」には有効期限があり、有効期限が切れると警察から連絡が入り「家出人捜索願」の更新をする必要があります。


捜査を行う「家出人」と捜査を行わない「家出人」

一般的に「家出人捜索願」を提出することで捜査が行われると考えられていますが、実際はそのようなことはありません。警察は捜索願を提出すると「一般家出人」と「特異家出人」に分類します。

「一般家出人」とは民事に関する家出人のことを指し、借金の踏み倒しや夜逃げなどのケースでは捜査は行われません。

「特異家出人」とは事件や事故の被害者・自殺企図者・高齢者などのことを指し、このような状況の場合にのみ捜査が行われます。


提出方法
提出ができる人間
家出人の保護者・配偶者・監護者・その他の親族
届け出先
家出人が失踪した時の住所地を管轄する警察署
家出人の保護者等の住所地を管轄する警察署
家出人が失踪した場所を管轄する警察署。
失踪者に関する情報
本籍・住所・氏名・生年月日・職業・家出の日時・家出の原因・動機・身長体重・身体的特徴体格・既往歴・失踪時の服装・所持品・仕事先・いきつけの店・友人情報・所有車両の情報・パスポートの有無・その他参考事項

情報の公開

「特異家出人」の場合に捜索願は公開となります。

「特異家出人」の場合は事件・事故の可能性が高いため、一般からの情報を広く募る事で早期の解決を目指します。一方「一般家出人」の場合は非公開となります。

「一般家出人」の場合は民事に関連した失踪であり、失踪者のプライバシーを配慮しているため、報道機関などから捜索願の問い合わせがあっても開示されることはありません。

探偵事務所パーソナルインテイク お問い合わせ